ケンペネEnglishの劇的効果をさらに高める方法

ケンペネEnglishの劇的効果をさらに高める方法

英会話教室で話せなかった人がペラペラに。

英語が苦手な人が自信を持って得意と言えるようになる。

そんな劇的な効果をもたらし続けているのが、英会話教材ケンペネEnglishです。

私もそうした評判や口コミを見て、英語が話せるようになったひとりなのですが、レッスンを受けていたときに“より効果が高くなる”方法を見つけることができました。ケンペネEnglishは自信を持っておすすめできる教材なので、それについて今回はご紹介します。ぜひ心に留めていただき、ネイティブスピーカーへの道を確固たるものにしましょう。

同じ時間にレッスンを受ける

同じ時間にレッスンを受ける

1つ目は、同じ時間にレッスンを受けることです。朝7時なら2ヶ月間できるかぎり朝7時に見る、夜10時ならその時間を続けるようにすると、ケンペネEnglishの効果はさらに高まっていきます。

集中して取り組めるようになる

なぜかと言うと、同じ時間に勉強することで集中しやすくなると言われているからです。ルーティーンという言葉があるように、人は一定のサイクルで行動をすると余計な物事を考えずに済み、そのひとつひとつのパフォーマンス力が上がります。スポーツのトッププレイヤーが、練習の効果を高めたり試合で常に実力を発揮するために、ルーティーンを大事にしているという話は聞いたことがあるでしょう。

それと同じで、ケンペネEnglishのレッスン時間を決めておくことで、自ずと「この時間は英語を身につける時間」と脳が判断し、集中力が増していくのです。最初の数回で自分がどの時間ならレッスンしやすいかを決め、その後はその時間を守るようにするといいでしょう。

サボりがちな人にも有効

レッスンの時間を決めるメリットは、もう1つあります。それはサボりにくくなることです。人は自由が与えられると楽な方を選択する傾向にあり、特に英語勉強というこれまでやってこなかったような行動だと、なおのことそれが強くなります。

そこで時間を決めておいて「この時間にやらなければならない」と自分に制限をかければ、ある程度防ぐことが可能です。ここである程度と言ったのは、それでも最後は自分のやる気次第になるからですね。自分は三日坊主だと感じている人は、時間を決めたからと言って安心しすぎないように注意が必要です。

ワークショップに参加する

ワークショップに参加する

2つ目は、ワークショップに積極的に参加することです。ワークショップとは、ケンペネEnglishが無料で開催している交流会のこと。自分と同じように英会話トレーニングに励んでいる人と一緒に、講師から直接講義を受けられるものです。

実践メインの講義

このワークショプでは、座学というよりはどちらかと言うと実践がメインに行われます。発音のコツを教わり、実際に口から出す練習などをするイメージを持ってもらえるといいでしょう。ひとりで発音練習しているだけでは補えない部分をフォローしてくれるのが特徴で、参加した人は全員(程度の差はありますが)英語スキルがアップしています。

モチベーション維持が期待できる

先ほど「同じ時間にレッスンを受ける」という項目で、三日坊主の人は注意をしてくださいとお伝えしましたね。その際に「それでも自分に甘くなりそう…」と思った人は、ぜひこの交流会に参加することをおすすめします。なぜなら勉強している人や教えてくれる人とリアルに対面すると、モチベーションの維持が期待できるからです。

現にワークショップの参加者の中には、ケンペネEnglishに取り組んでいる人がいることを現実として知ったことで、やる気が再燃焼したという人がいます。これは「この英語教材で話せるようになる」と確信を得たり、「ひとりでの勉強は不安だったけど、仲間がいるとわかって安心した」ため。言葉で言う以上に励みになるので、ぜひ足を運んでみてください。

なお、参加するだけでも心持ちは変わるので無理に交流する必要はありません。またオンライン開催や動画配信も行っているので、直接の参加が難しい人や時間が取れない人はそちらを利用するといいでしょう。

問い合わせ窓口を活用する

問い合わせ窓口を活用する

3つ目は、問い合わせ窓口を活用することです。ケンペネEnglishでは24時間受付中のサポートセンターが用意されていて、これを利用するのも効果を高める方法の1つとなります。

ネガティブは授業に悪影響

理由は簡単で、レッスンに対する疑問や勉強の不安を解決してくれるからです。ネガティブな感情を持っていると、ポジティブに授業を受けている人と比べて、効果や効率が落ちてしまうのは感覚としてわかりますよね。楽しく受けた授業の内容は鮮明に覚えていても、嫌々受けた授業の内容全く思い出せないことはよくあることです。

困ったら利用する

自分の負の感情を相手に伝えるのは気が引けるものでしょう。「これは話すのはどうなのかな…」と思って、ためらうこともありますよね。しかしそうなれば、深みにハマっていく一方です。

だからこそ今ここで、“困ったら活用する”と自分に言い聞かせることが大事。ケンペネEnglishのお問い合わせ窓口は、どんな些細なことにも親切に答えてくれます。「思い切って相談したら、否定せずに聞いてくれてすごく楽になった」という口コミは少なくありません。

まとめ

まとめ

これら3つの方法は、必ずしも行わなければならないものではありません。実行せずにスキルアップをした人もいるので、中にはもちろんいます。ただいずれも口コミに基づいて導き出した方法であり、かなり有効的であることは間違いないので、参考として心の片隅においてもらえれば幸いです。

トップページを見る