ケンペネEnglishが採用するフォニックスについて

ケンペネEnglishが採用するフォニックスについて

ケンペネEnglishは、英会話に必要なスキルを効率よく伝授し、わずか2ヶ月という短期間でネイティブとスムーズに話せるまで導いてくれる教材です。あまりの劇的な効果に「詐欺ではないか」と思われがちなため、『詐欺ではない?英会話ケンペネEnglishを検証した結果、劇的効果を実感』でさまざまな検証を行い、真の教材であることを証明しました。

記事を読まれた方はわかると思いますが、ケンペネEnglishでは、英語力を上げようと実にさまざまな工夫が取り入れられていましたね。今回はそのうち、「フォニックス」という指導法について詳しく解説していきます。また、この方法で学ぶことで得られるメリットもご紹介しているので、ケンペネEnglishをより深く知るための参考としてください。

フォニックスとは何か

フォニックスとは何か

ケンペネEnglishでは、フォニックスという指導法を応用したメソッドが使われています。具体的にどの場面か、と言うと、ケンペネEnglishが3~4週間目に配信する単語発音をマスターするための動画内です。まずはフォニックスの基本情報を抑えておきましょう。

フォニックスについて

英単語というのは、言わずもがな、26文字のアルファベットの組み合わせでできています。しかしながら、ほとんどの単語をアルファベット通りに読むことはありません。「good」という言葉を「ジーオーオーディー」とは読みませんし、「bad」という言葉を「ビーエイディー」とは読まないでしょう。

このように「あるアルファベット」「あるアルファベット」が組み合わさったとき、読み方が変化するのが英語の特徴です。フォニックスでは、その変化に規則性を見出し、それを身につけさせる教育方法になります。これによって綴り字を見るだけで、どのように音を変化させれば正しい発音ができるようになるのかが判断できる、というわけです。

取り入れているところも多数

もともとこのフォニックスは、英語を母語とする国で、子どもたちが効率よく言葉を読めるように開発されたものでした。ややイレギュラーな指導法のため、19世紀後半には「果たしてその方法が良いのか」と疑問視されて論争が起きるなどの歴史もありますが、20世紀に入ってからはその有益性が改めて認められてきています。その影響からか、現在は英語を第二言語とする国で取り入れられるケースも少なくなく、ここ日本でも活用している英会話教室が見られるようになってきました。

フォニックスで学ぶメリット

フォニックスで学ぶメリット

ケンペネEnglishでは、レッスンを受ける人の発音力を上げるために、このフォニックスを応用した指導法が行われています。これによって、事前に習得しているカタカナ英語を正しく発音できるスキルが身につき、ネイティブと円滑に会話ができるようになるわけです。

さてこのフォニックスを応用したレッスンですが、今伝えたようにナチュラルな英会話が可能になるだけでなく、別のメリットも存在します。ケンペネEnglishが、他の英会話教材よりも多くの高評価を獲得している所以の1つです。

ボキャブラリーが劇的に増加

そのメリットというのが、ボキャブラリーが劇的に増加することです。フォニックスでは、綴りと発音のルールを学ぶため、アルファベットの組み合わせを見ただけでネイティブのような発音が可能になります。言い換えれば、その単語が初見だったとしても、発音することができるのです。

これは極端な話、意味がわからなくても、会話の中に取り入れられるということです。「でもそれは、その言葉を本当の意味で使えているとは言えないんじゃないか」という意見もあるでしょう。確かに音だけでは、使いこなせているとは言い難い部分があります。

しかし私たちは、意外にも「先に音を覚え、後から言葉の意味を知る」パターンが少なくないのです。日本語でも普段何気なく使っていた言葉を、“何かのきっかけ”で調べたら実は違う意味だった、ということがよくあるでしょう。

言葉の意味は会話を通して補完される

そして、この“何かのきっかけ”が起こりやすいのが会話です。つまり相手とコミュニケーションを取っているときに、向こうの反応を見て「あれ、この言葉の意味って違うのかな」と気づいたり、「それって意味が違うんじゃないかな?」と指摘を受けたりしたときに、意味が補完されやすいのです。この経験を繰り返して、ボキャブラリーを増やしていくパターンが存外多くあります。

しかしお気づきのとおり、会話で使うためには、まず発音ができなければなりません。だからこそその言葉を読めること、発音できることというのは、言葉の知識を豊かにすることに繋がるのです。

まとめ

まとめ

ケンペネEnglishが採用しているフォニックスを応用したレッスンでは、使える言葉の幅を大きく広げてくれます。知らない言葉に対して臆することが少なくなる、ということは、コミュニケーションに対する積極性が生まれるということ。ケンペネEnglishで習ったらネイティブと堂々と話せるようになった、という評価が多くありますが、それはこのフォニックスのおかげに他ならないのです。

トップページを見る